ブログを新しく作りました

こんにちばんわ、アリストテレスこと、アリスです(大嘘)

この度は周りからの強い要望に渋々答えてブログなるものを初めて作ってみました(大嘘)

まーぶっちゃけ今回は普通の日記じゃなくて、漫画とか立体物の紹介とかしていく予定(暫定)なんで、長く続くといいですね。



それでは第一弾いってみましょー。今回紹介するのはビーストウォーズより「ラットル」です(えっ、また!?)

「やっ、呼ばれた気がするよ!」


「あれ、こっち?」



以前Twitterで簡単に紹介したラットルですが、今回はギミック中心に紹介したいと思います。





横から見ると分かりますが、旧玩具では前足と後ろ足が1つのパーツになってボディに固定されていたのに対して、新玩具ではボディから分離されていて足が動くようになっています。これは地味ですが大きな進化だと僕は思いますねー。変形の仕方が違うので当たり前っちゃ当たり前ですが、この違いによってかなーり遊べるようになっています。


「ギャー!!オイラ、トランスフォーマーになってるー!?」(付属の漫画を見たときは笑いました)


そうなんです。ビーストウォーズのアニメでのラットルと言えば二足での印象が強かったんですねー。お腹が丸見えとは言え、このギミックは嬉しいです。


「うおーい!ダイノボットの旦那~!」

後ろから見れば上手く出来てるので、こんなことができます。そのうちダイノボットも出てほしいですね。




首が曲がるので餌食ってる風とかしてみたりね。首だけが自然に曲がる玩具ってあんま無いんじゃないかな?首に動きをつけられるだけで、遊びの幅がぐっと広がるんですよねー。




それではそろそろ変形に関してのギミックを。






旧玩具ではロボットモードの腕が内側に、足が外側に収納されています。このギミックでは腕はかなり小さくないと収納出来ないのが分かりますねー。






それに対して新玩具では、足→腕の順番で収納されています。いやいや、それじゃ今度は足が細くなっちゃうでしょって思うかもしれませんが、そうじゃないんですよ。




ビースト足を引き出してみれば分かりますが、ロボット足はペラペラのパーツになっています。んで、



ビースト足がそのまま固定されて



ロボット足を被せてやれば、ビースト足がそのままロボット足に!これにより太くて長い足が完成する訳ですね!足パーツの工夫によって腕も大きくても収納でき、一石二鳥ですね。




そして生まれたこのプロポーション。手足は長くきちんと太く、背中は原作に近い目立たない程度のビースト皮。いいですねー、かっこいいですねー。



このラットルはビーストウォーズファンにとってかなり嬉しい出来なのではと思います。ビーストモードでも、ロボットモードでも原作のような遊びが出来るってのは凄い重要ですよねー。また、ビーストモードの顔が旧玩具とあまり変わらないのも、変形させた時の進化がよく分かってファンとしては嬉しい限りです。




以上、初記事でした。それではまた会いましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アリス

Author:アリス
玩具の説明書を無くした時に、このブログがあってよかったと思ってください。

Twitter...
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR