スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【うぃくろす】自分のデッキコンセプトについて考えてみる

こんばんは。真名マユを組み終わったありんすです。マユは一度組んでるんでちょろいちょろい。


さて、今日は自分のデッキコンセプトについて少し考えてみようかなって。け、決してブログ更新忘れてた訳じゃないんだからね!!
まず私が愛用しているデッキは

アン=フィフス
花代・肆

の、二種類になります。今まで出たルリグは、タウィルとミルルン以外は組んだんですが、どうもしっくり来なくて崩してしまっています。デッキに対するイメージが、構築の段階で届かないことがとても多かったです。


そんな私が気に入った二つのデッキのコンセプト紹介。今日はアン=フィフス。


【アン=フィフス】
アン=フォースの段階で、コンテンポラスイボクシュレリスを揃え盤石の布陣を整え、タイミングを見計らってフィフスへグロウ、エクシード3で一気にけりをつけます。

ここで気を付けているのが、フィフスへグロウした段階で鉄壁は崩れてしまいますので、グロウはギリギリまでしない点です。まぁ大体フィフスになれる時は勝てます。

しかし鉄壁とは崩れるもの。鉄壁を作って安心した次のターン、十中八九相手はあの手この手で崩しに来ます。その時を凌げるかどうかが勝敗の鍵になります。鉄壁はあくまで相手を疲弊させる為の手段であり、これを並べたから勝てる訳ではありません。


ではどうやって鉄壁を作った段階で凌ぐのか。それは企業秘密でございます!(これを話してしまうと、多分簡単に負けてしまうからです)



とりあえずこんな感じでどうでしょうか。

次は花代・肆!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アリス

Author:アリス
玩具の説明書を無くした時に、このブログがあってよかったと思ってください。

Twitter...
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。