ムゲンサーガ ムゲンファラオ2 ムゲンスフィンクス レビュー

続いて第2弾。

夜は眠すぎて写真撮ったら力尽きてしまう...。


第2弾はムゲンスフィンクス。スフィンクスというと、小学生の時に遊戯王で「ガーディアン・スフィンクス」ってカードが出た時に、むちゃくちゃ欲しくて悔しい思いをした記憶が。


それでは開封。



これまたシンプルな作りで助かります。




組み立ては至って簡単。シールを貼り、鎖を繋げ、胴体と首を繋げるだけ。ミニファラオくんフィギュアつきだよ!!




横から。鎖はムゲンファラオの側面に付け、ミニファラオくんフィギュアは背中に乗せることができます。




顔アップ。アヌビスと違い、目がシールだったのが、シール貼りどちゃくそ下手族の私としては発狂ものでした。よくシールを指で貼ってると「ピンセット使いなよ...」と言われますが、ピンセットだと余計どちゃくそ下手族で泣いてます。

顔はまぁ、スフィンクスと言えばこれ!と言った、不気味な顔をしています。しかし、スフィンクスがアニメのイケメンの顔してても余計不気味なので、これが一番自然なのです。





ムゲンスフィンクスにはギミックがあり、頭を取ると身体が開くようになり、ミニファラオくんフィギュアを搭乗させることができます。これはちょっと熱いですね~!




ちなみに蓋は棺の模様。




ムゲンアヌビスと並べて。いいですね。個性的な面子です。




アヌビスにファラオのたてがみを付けて少し豪華に。普通にかっこいいです。




スフィンクス望遠モード!



以上、ムゲンスフィンクスのレビューでした。


さてさて、ムゲンスフィンクス単体ではなかなか遊べませんでしたが、アヌビスにスフィンクスのパーツを付けたりと、ここからはムゲンファラオ以外の合体遊びができるようになるので、文字通りムゲンの遊び方があるわけです。五種類買って、我流ファラオを作るもよし、同じものを複数買って、全く新しいロボットを作るもよし。これぞムゲンバイン、ムゲンサーガ!


それでは次はムゲンラーで会いましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アリス

Author:アリス
玩具の説明書を無くした時に、このブログがあってよかったと思ってください。

Twitter...
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR