スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ネタバレ注意】FGO「悪性隔絶魔境 新宿」をプレイした感想

どうも皆さんこんにちは。土曜日の夜から1.5章をやり始めて、2日間でクリアしたので感想でも。

べ、別に某友人のブログを見て、自分もやるかーって思った訳じゃないんだからね!


因みに、内容や真名について触れますので、クリアしていない方は続きを見ないことをオススメします。











皆がやってるからって理由でローマ配信少し前に始めたFGOですが、何だかんだでここまで来たかって感じです。1章をクリアしてるので、タイトル画面が赤みがかった「エピック オブ レムナント」仕様になってます。ちょっとワクワクしますね~。




新宿のアーチャーこと「ジェームズ・モリアーティ」

シナリオやる前は全く興味が無かったんですが、棺桶ガトリングミサイルを見た瞬間に、速攻で召喚画面へと行きました。呼符合わせて10回ちょっとで来たのでホクホクです。


なんだよ攻撃が全部棺桶からでる銃弾って。しかも宝具は杖をストッパーにして最大出力で撃ち抜くってかっこよすぎかよ。



今回からシナリオを進めないと、主要キャラの真名および宝具が「???」になる仕様となりましたね。

これにより、今目の前にいるサーヴァントにどんな逸話があるのか、味方になってくれそうなのか、話のキーになる部分が分からなくなります。

この情報が出た時は「今さらかよ~」って思いましたが、やってみると、むしろこっちの方がしっくりきましたね。Fateなら当たり前なんでしょうが、FGOの「速攻で自己紹介、または他己紹介」に慣れすぎですね。

モリアーティは自分の名前が思い出せず、宝具は「真名封鎖、疑似宝具展開」といった内容でした。モリアーティの記憶に関しては、話の根幹になる部分でしたね。最後は「あー、なるほど...」完全に一杯くわされました。




シナリオをざっくり言うと、魔法少女になれないマシュ、特異点だよ全員集合、またもや空を飛ぶぐだ子、アラフィフ流棺桶術、オルタちゃん'sに囲まれて幸せなぐだ子と、それを遠くから見守るボブミヤ、見た目は復讐者、頭脳はキャスター、真実はいつも1つ!って感じでしたね。


今少し書いた通り、今回はマシュお留守番回でした。なので編成では、一切マシュを入れないようにしました。これがキツイのなんの、結構な頻度で他の面子が死にました。


シナリオは途中までは割と苦労せずに進みましたが、最後の2つが厄介でしたねー。





僕「うぉー!!この展開はオルタ2人と、自前のモリアーティ入れるしかねぇ!!」

みたいな無謀なパーティーを組みました。





結果、モリアーティすら倒せず...






気をとりなおしてきちんと役割を持たせたパーティーに。マシュがいない穴をフレのマーリンで補っているのですが、コスト的にも能力的にも、やはりマシュって大切だなと思い知らされました。




辛くも勝利。






最終戦はマーリンは使わずに、シナリオ限定鯖を使いました。サポート欄は全て隠れていて見えなかったので、一番上を使ったところジャンヌオルタでした。

ばったばったと味方が死ぬ中、やはり兄貴が居座ってくれて辛くも勝利。やはり殿は兄貴だよね~。








戦闘が終わり、謎も解け、全てが終わります。









上でも言いましたが、真名隠しは本当によかったです。最初は何がなんだか分からず戦うが、真名が判明してからは逸話をついて追い詰めていく。やっていることはいつもと同じなんですが、少しずつ紐解かれていくってのはこのゲームでは新鮮でした。


少し物足りなく感じたのが、エミヤ・オルタいるか?って部分でした。序盤から名前と顔がしっかり出ているのに、あまり話に関わって来ず、戦闘は1回、何だかんだですぐに味方に。そしてすぐ消える。せっかく格好よくキャラ作ってるのに、勿体ないなと。

これからも出てくるのかな?期待です。



以上、悪性隔絶魔境 新宿をプレイした感想でした!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アリス

Author:アリス
玩具の説明書を無くした時に、このブログがあってよかったと思ってください。

Twitter...
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。