嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん11 ××の彼方は愛 を読んだ



お久しぶりです。僕が高校生の時に何度も何度も読んだ「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の新刊が数年ぶりに出たので買いました。せっかくなので感想を書き留めておこうかなと。
まず読み始めた感想は「懐かしいなー。この文章が好きだったんだよな~」といった感じでした。どこで息継ぎをすればいいのか分からないくらいぎゅうぎゅうに詰め込んだ文章に、突然現れる伏線らしき違和感。次へ、次へと目と脳が文章を欲しているので、深く深く物語へと没入していきます。




そして読み終わった感想は、胸糞悪さに吐くかと思いました。本当に。「やめろ...それだけは絶対やめてくれ...」って事が次々に起きます。



けれど10巻+1巻を読んできたファンならば、これこそがみーまーだよなーって思うんだろうな、と、思うんだけど、さすがにそれは批判が飛んできそうな意見かなぁ。



つまるところ、今までのみーまーは可愛かったなと思えるような生々しさと救いの無さでした。





今回の話は読むポイントがあり、そこを気にしないと読み終わった後にすごい勢いでページを戻すはめになります。僕はメモを用意してまとめようかと思いました。


これからみーまー11巻を読む人は、是非「西暦」を読み流さないように。


それでは、またみーまーの感想で会える日を信じて...。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アリス

Author:アリス
玩具の説明書を無くした時に、このブログがあってよかったと思ってください。

Twitter...
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR